イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

Amazon販売サイト

Amazonでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

YAHOO! ショッピング シグネット制作部

YAHOO! ショッピングでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home 相談員のコラム 相談員コラム…最近の相談

PostHeaderIcon 相談員コラム…最近の相談

 このホームページの家計相談は4月にスタートした。最初は本当に相談業務が続けられるか心配なほど閑古鳥が鳴いていたが、数ヶ月たち、ポツリポツリと相談が舞い込むようになり、やっとFP相談室が稼働しつつある。相談者の立場に立てば、お金の相談はしたいが、預金通帳の残額まで教えて本当に大丈夫か? こんな所に相談して後で何かしつこく売り込みされたら面倒だ、と考えてしまうだろう。自分がもし相談するとしても同じように思う。

 もちろん当FP相談室は保険会社や金融関係、不動産会社などとのつながりは一切無く、そこからの報酬(紹介手数料)を目的とはしていないので、本当の意味での中立な立場で相談に乗ることができるし、特定商品を無理に勧めることもしない。でも一方的に「信用して相談して欲しい」ではまだまだ怪しい。それならと相談者の信用を担保するために相談者の氏名を匿名にすることにした。最初は匿名で大丈夫かと思ったが、今のところ相談するのに名前や詳細な住所は全く必要なく相談者の評判も上々だ。もちろん、いずれ直接面談の相談もしていこうと思うので、その時はお名前をお聞きするかもしれないが、メールでの相談だったら仮名・イニシャルで充分だと感じている。

 相談内容はいろいろだが、やっぱり老後の相談が多い。「老後のことは心配だけれど、今はあまり考えたくない」ようで、「どうにかなるさ」や「どうにもならない」とほうっておきがちだが、誰かが自分たちの老後を良くしてくれることなど、宝くじでも当たらない限り、一ミリの可能性もないと思った方がいい。でも自分で何かしようと思っても何から手を付けたらいいか分からない。そこで当相談室に相談されるようだ。たぶん老後を不安に思っている方は、混沌とした不安の中身を整理して、客観的な意見を知りたいのだと思う。

 そこで実際の相談業務の流れとしては、相談シートに書いていただいた情報を基に結構シビアなキャッシュフロー表(今後数十年間の収支予測表)を作成し、分析し、もし問題があれば改善を提案する。ほとんどの方は未来の現実と夢を摺り合わせることなどしないから、実際のキャッシュフロー表を見せられると愕然とする。でも、どんなに大変なことでも問題点さえつかめればしめたもの、必ず改善の糸口が見えてくる。

 私自身も相談されることで、気づかされることも多く、やりがいを感じているのだが、ついつい熱が入って時間がかかってしまい、お待たせすることが多くなっている。もう少し相談件数が増えたら相談員の増員も考えなくてはいけないが、当面、長野が一人で担当するので、回答まで少しお時間いただくかもしれないのでよろしくお願いします。

※前の記事は左の「相談員のコラム」で読めます。