イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

Amazon販売サイト

Amazonでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

YAHOO! ショッピング シグネット制作部

YAHOO! ショッピングでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home 相談員のコラム 相談員コラム…共稼ぎの財布

PostHeaderIcon 相談員コラム…共稼ぎの財布

 この前「事実婚」の話を書いたところ、「どんな家計管理なのですか?」という質問をいただいた。別に「事実婚」だから特別なことをしているというわけではないのだが「共稼ぎの家計」には興味あるかなと思うので取り上げようと思う。一般的に共稼ぎの財布というのは次のようになっている。

●すべて一緒派
 収入のすべてをいったん同じ口座に入れて、そこから家計費を支出し、それぞれのお小遣いもそこから出す。最もお金を貯めやすいとい言われているが、個人の経済的自由度は低くなる。

●費用を分ける派
 家賃や光熱費は男性、食費は女性といった方法で、一番多いやり方。それぞれ自分名義の給与振り込みされた口座から自動的に引き落とされたり、自分のお財布から支出したりする。ただ、固定費と変動費の多寡や立替の精算など、細かい部分で不満が貯まる場合がある。

●片方の収入で暮らす派
 生活費は男性がすべて出し、女性の給与は貯金もしくはお小遣いになる。「男は大黒柱」という前提なので、家事労働は全面的に女性が担う場合が多い。

●共通のお財布派
 お互いに一定額を共通の口座に入れて、そこから支出する。同じ金額を出す場合と収入の比率で負担を変える場合がある。残りは自分で使えるので経済的自由度は高い。

  お金というのはシビアで、家庭内での力関係や家事労働の分担に密接に関わってくる。それぞれのやり方があると思うが、私の場合は最後の「共通のお財布」だ。前に書いたが独身の頃、友人とシェアハウスをしていたときのやり方と基本的に変わらない。共通の財布である口座は連名がいいと思ったが、どこの銀行もダメだというので「住民票の筆頭者」と「共通口座の名義」というまさに「名」を取るか「実」を取るかのじゃんけんをして、口座はつれあいの名義となった。

 基本的にその口座にそれぞれお金を入れて、そこから引落する。カードや少額の現金もこの口座を使う。入れる金額は同額だが、長い間には、仕事がうまくいかなかったりすることもあり、そういう場合は調整したり、貯金をおろしたりする。貯金や投資はそれぞれがしているので、だいたいは知っているが、細かな数字までは知らない。共通の口座は総合口座で普通預金に月々の生活費を入れ、緊急用に少額の定期貯金もしている。家電の買い換えなど生活費で賄えない支出の場合、そのつど別に出すことにしている。

 だた共稼ぎというのはとにかく時間がない。外食や中食、クリーニング、子どもがいればベビーシッターと「時間」を「お金」で買うという場合も多いので、つい家計もゆるみがちだ。せっかくのダブルインカムでお金を貯める黄金期なので、どちらか管理者を決めてやりくりした方がお金は絶対貯めやすい。交代がベストだが、暇な方がやったり、得意な方がやったりと、どちらでもいいだろう。ただし、ざっくりした簡単な収支と、今後必要な住宅・教育・老後などのお金やその貯め方などを半年に一度でも相手ときちんと向き合って相談した方がいい。

 あと、どのような家庭の家計にも言えることだが、お互いに個人の自由になるお金は絶対にあったほうがいい。家庭生活は大事だがその人のすべてではない。いちいち家族の承諾が無いとお金が使えないとなると、自分自身の研鑽や興味のあること、趣味、友人や親戚つきあいもやせ衰えていく。独身の人が抱く結婚へのマイナスイメージはこのあたりから来ている気がする。相手は給与を運ぶだけの人でなく、いろんな引き出しのある豊かな人の方がいいに決まってる。そのためにはやはりお金の裏付けが必要だと思う。

※前の記事は左の「相談員のコラム」で読めます。