イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

Amazon販売サイト

Amazonでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

YAHOO! ショッピング シグネット制作部

YAHOO! ショッピングでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home 相談員のコラム 相談員コラム…年賀状

PostHeaderIcon 相談員コラム…年賀状

 年の瀬ですが、皆さんは年賀状もう出しましたか? 実は、私は年賀状を出しません。十代の頃からで、まわりからずいぶん変わり者扱いされました。理由のひとつは年賀状を出すことが楽しいどころか苦行にしか思えなかったせいです。育った実家は商家で、12月はかき入れ時だったため、大人は忙しく、みな殺気だっていました。それでなくても配達や店や家のことでてんてこ舞いの母親が、泣きそうになりながら毎晩夜なべして宛名書きしていたのを見ていて、子どもの時から「年賀状なんか無ければいいのに」と思ってました。

 もうひとつ、きっかけになったのは、中学校のとき同じ部活の子から「一生親友でいましょう!」という年賀状をもらったことです。今思えば相手は気軽に書いたのでしょうが、思春期まっただ中の深読み人間だった私には、たいして親しくも無い人から「あんた親友だからね。しかも一生!」という呪いの年賀状でした。それ以来、自分からは出さないで、もらえば出すのを高校まで続け、大学で東京に来たのをきっかけに返事すら止めてしまいました。非常識だと思われるかもしれないけど、狭いつきあいなので年明けに「年賀状ありがとう。私出さないんだ。」と直接言えば「へーそうなんだ。楽だね。」で終わりです。

 個人の場合、年賀状の役目は、①新年のあいさつ、②住所確認、③近況報告などですが、身近な人には会えばあいさつするし、会わない人に年に一回あいさつだけするというのもいかがかと思うし、住所も変わらなければ意味ないし、近況も人に伝えたくないときもあるでしょう。では何で出すかと言えば「一人前の社会人」の証明と「止められない」といのが理由ではと密かに思っています。

 私は年賀状フリーなので思い煩う事がないのですが、年賀状を出す人はどうして相手を決めるのでしょうか? あの人には出す、この人は止めるという人の選別だけで私は気が滅入ります。これから積極的につきあいたい相手はいいとして、縁の薄れた人、顔すら忘れた人、つきあいたくない人とも「毎年やりとりしている」からと出すのでしょうか? 女子高生のメルアド件数のように数が欲しいのならそれもいいけれど、人とのつきあいはキレイにフェードアウトしないと、何となく居心地が良くないと私は思うのです。年賀状は出したい気分のときに、出したい人だけに、こたつでゆっくり相手を思いながら書けるなら出してもいいかなと思います。

 とはいえ、こんな私にも年賀状をくれる友人がいます。もちろん皆さん返事出さないのは知っているのですが、旧友からもらえば単純にうれしいし、たまには「年賀状ありがとね。」というきっかけで年に一度の電話をしたり、メールもします。ただ、自分が出さないので年賀状が来ないと気にやむことはありません。よく私に年賀状くれる人から「余ったから送った。」と言われるのですが、義務感でなく「年賀状余ったからあいつにもついでに出してやろう」という距離感がとても心地よいのです。ということで今年も年賀状出しません。 

※前の記事は左の「相談員のコラム」で読めます。