イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

Amazon販売サイト

Amazonでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

YAHOO! ショッピング シグネット制作部

YAHOO! ショッピングでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home 相談員のコラム 相談員コラム…脱原発と電力供給について

PostHeaderIcon 相談員コラム…脱原発と電力供給について

原発事故の見通しが立たないまま、その経済的損失が徐々に明らかになるにつれ、そのあまり甚大さに呆然とする毎日である。ちょっとくらいの増税や電気料金の値上げでは追いつかないのではないかと思うが、立ち直るには何でもやるしかない。でも、もう一度原発震災を起こしたら、今度こそ本当にアウトだ。だから、脱原発しようと呼びかけた。提案した以上、素人ながら電力の安定供給についての見通しを語らねばならないと思いこの原稿を書いている。

70年代の学生の頃には「反原発」というと、「電気を使うか使わないか」という文明論的議論になったような気がする。原発推進する人からは「原発を否定したら、ローソク生活になる」と言われていた。そうして、多くの人が電気なしでは暮らせないので消極的原発賛成を選んだのだ。しかし、技術的には、今や夢物語だった代替エネルギーである太陽光発電や風力発電、家庭用燃料電池発電までもが実用化されている。逆に当時とあまり変わらないのが、送電ロスと蓄電池である。つまり今でも、電気は遠くで発電すれば、その3割~5割を送電途中で放電してしまい、さらにまた、基本的に作り置きができないエネルギーなのだ。

そこで、短期的には今年の夏を乗り切る手立てとして、家庭用に限り、次の3つの提案がある。

一番目は家庭用電気の契約アンペア容量を強制的にワンランク下げることだ。これでかなりの不足分がおぎなえるはずだ。だいたい、契約しているアンペア容量は、家庭で使う電力よりワンランク高いアンペアを選択している。昔は使用した容量がオーバーしてブレーカーが落ちるというのは日常茶飯事であったが、パソコンなど精密な電気製品が増えたせいでアンペアに余力を持たせようと、少しぐらいの基本料金のアップをもろともせず、多くの家庭でワンランク多めの電気容量を選択するようになった。いったん決めた電気容量なんてほとんど見直すことはしないので、ブレーカーが落ちたことなどないという家庭でも見直さずにほとんどがそのままの電気容量だと思う。
もし、ワンランク下の電気容量に下げてブレーカーが落ちたとしても、復旧はたやすい。電気を食う電化製品を1つ切り、ブレーカーのスイッチを入れるだけで他の電化製品は問題なく使える。計画停電に比べても、個人的にも経済全体への影響も少ない。

二番目は電気を沢山使う熱電源使用を極力減らすことである。だいたい、燃料を燃やして作った蒸気を使ってタービンを回し、やっと電力を得るのだが、その過程で元の熱量の5~6割は減ってしまう。なおかつ原発は危ないからと田舎に大規模発電所をつくり、長い送電線で運ぶのでどうしても放電ロスがある。そうして得た貴重な電気をまた熱電源(オール電化など)に使うなどは愚の骨頂である。とはいえ、火事の危険性から高齢者が電気ポットや電気の暖房を使うことまでは止めないが、ほとんどの家庭で直接の熱電源であるガスを使うことに異論はないと思う。これでかなりの電力は減らせると思う。

三番目はエコポイントの復活である。夏までの期間限定として、白熱電球から蛍光灯やLED照明への買替え、消費電力の多い古いエアコンの買替え、電気からガス器具への買替えなどを促進して各家庭の電気食いを少しでも減らせば、電気使用量は減らせる。

次に中長期の電力供給であるが、今回の大惨事をみれば大規模発電のもろさが露呈したと思われる。また、送電ロスの観点からも、電力は小型化、分散化するべきだ。身近で電力を供給できればそれだけ放電ロスはない。なおかつ、その時つくられる熱エネルギーも給湯や暖房に利用できる。つまりコジェネレーションだ。
当面は30KW程度の天然ガス発電所を地域地域につくり、各家庭では燃料電池によるコジェネレーションと、屋根や壁の太陽光発電で電力をまかなうというのがいいと思う。政策的にも原発の建設に一機4000~5000億円かかり廃炉費用で一機1000~2000億円という費用を考えれば、代替エネルギーに直接補助をしたとしも効果は高い。コンパクトで安価なシステムが開発できれば輸出だってできるだろう。

脱原発に昔のような文明論は必要ない。技術と工夫で脱原発は充分できる。今こそ、このまま次の大事故に怯えながらズルズルと原発推進を続けるか、脱原発に舵を切るかの瀬戸際なのだと強く思う。

※前の記事は左の「相談員のコラム」で読めます。