イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

Amazon販売サイト

Amazonでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

YAHOO! ショッピング シグネット制作部

YAHOO! ショッピングでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home 相談員のコラム 相談員コラム…いよいよ開店!

PostHeaderIcon 相談員コラム…いよいよ開店!

 先日、ご紹介した“作る。売る。クリエーターのお店TORA-TANU”が12月1日開店しました。アドレスTORA-TANU.jpです。まだまだ品数が少ないし、いろいろご不便もおかけしますが、ぜひ一度ご来店ください。

 私、長野は“店長”兼“作り手”でボタン(やきもの)を出品しています。作陶歴は8年ほどですが、最近ほとんど作れなかったので、久しぶりに土をこねこねしたら、頭の中が真っ白になりました。この数年は資格試験や相談業務など本やパソコン相手ばかりだったので、無心で手を動かすことが楽しくて仕方ありません。世の中に受け入れられるかは不安ですが、これで売れれば何もいうことはありません。ご注文があり、作れるものなら、特注品も作りたいと思っています。

 こんなお店を出しながら言うのも変なのですが、私は“手作り”や“手芸”のものにあまり興味がありません。なぜなら、それらのほとんどが“お手本”のあるものだからです。「こうあるべき」という目標にいかに近づけるかの世界は確かに「すごい」とは思うのですが、あまり好きではありません。

 服飾には詳しくないので例を出せませんが、陶芸の世界でいうと、有名な景徳鎮やマイセンのやきものを手元に置きたいとは思わないのです。少し陶芸をかじれば、その技術水準がいかにすごいかはわかります。しかし、技巧に優れていても見ていて楽しくないのです。この手のやきものは過去の頂点を極めた作品をお手本に作られます。どんなに優れていてもどこか模倣品なのです。

 だからと言ってTORA-TANUでは、偉そうに作家さん然とした芸術作品の販売をめざしている訳ではありません。ただ作り手の頭で考えた、その人の個性がにじみ出るオリジナル作品で、かつ使って楽しいもの。そんな作品を厳選して揃えたいと思っています。

 “手芸でなく芸術でもない”という「言うは易く行うは難い」ニッチをめざしているので、これからも紆余曲折ありそうですが、末永くよろしくお願いします。

前の記事は左の「相談員のコラム」で読めます。