イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

Amazon販売サイト

Amazonでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

YAHOO! ショッピング シグネット制作部

YAHOO! ショッピングでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home 相談員のコラム 相談員コラム…家計の大掃除も忘れずに

PostHeaderIcon 相談員コラム…家計の大掃除も忘れずに

 12月になり大した事していないのに気分だけ忙しい。最近、お金塾のHPから無料の「バランスシート」と「キャッシュフロー表」のダウンロードが多い。ありがたいことだ。今年も残すところあと20日なので「家計の大掃除」をしようという方が利用してくれているのかなと勝手に想像している。

   数日前、来年の手帳を買いに本屋さんに行くと、家計簿が平置きされ山積みになっていた。パラパラをめくって見たが、どれもいろいろ工夫されていて楽しい。ただ、冠婚葬祭の豆知識や料理レシピなど家計簿の本筋から外れたオマケが多いような気がする。これだけ家計簿が売られているということは利用者も多いのだろう。でも、家計簿をつけるということは結構面倒な労力が必要だが、それが報われているかは疑問だ。

 昨年も同じ事を言ったので恐縮だが、家計簿は「何のためにつけるのか」を意識しないと意味が無い。家計簿は一年の決算書を作る基礎資料なのだ。会社会計の決算書は貸借対照表(その時点の財産状況を表わす)と損益計算書(一年の収支を表わす)だ。家計で言えば貸借対照表はバランスシート。損益計算書は年間集計表にあたる。つまり、月々の家計簿を月毎に一覧にした年間集計表(B4かA3の一枚)が会社での損益計算書なのだ。月々の家計簿はこの年間集計表を作る基礎資料にしか過ぎない。

 よく「家計簿つけて家計管理しているのに赤字が続く」と言われる方がいるが、話を聞くとこの年間集計表をつくっていない。もったいない話である。月々の赤字や黒字に一喜一憂しておしまいなのだ。年間集計表は、一年間が赤字なのか黒字なのか? 赤字だったら何が原因だったのか? 来年赤字を出さないためにはどうしたらいいのか? など俯瞰して考える指針となる。

 私は、この3年間自分で作った家計簿ソフト「月一回家計簿」を使っている。12月の入力を終えると自動転記された「年間集計表」をプリントアウトしてマーカー片手にじっくりながめる。黒字ならまずまずだし、赤字だったら原因と対策を練る。これを元に来年の予定表を作る。何やら偉そうだが、今年のデータを転記するボタンがあるので簡単なものだ。あとは微調整し年間予算表が完成する。もちろん会社会計のように半期四半期の決算も検証できる。年初にこれを作ってしまうと後の家計管理が楽ちんだ。

 というので、忙しいでしょうが、バランスシートと年間集計表で家計の決算をしましょう。

前の記事は左の「相談員のコラム」で読めます。