イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

Amazon販売サイト

Amazonでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

YAHOO! ショッピング シグネット制作部

YAHOO! ショッピングでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home 相談員のコラム 相談員コラム…生命保険を考える③

PostHeaderIcon 相談員コラム…生命保険を考える③

 
 保険はもともと不慮の事態に備えるための助け合いシステムだ。その意味からすると、誰にでも訪れる“死”が保険対象である生命保険というのは何か釈然としないが、“死”が“不慮の困った事態”となるのはどういう場合か? 
 生命保険に加入する理由としては一般的に次の3つがある。

①扶養する人間がいる
②葬式代
③相続対策

 まず①の場合。何と言っても生命保険に入る動機NO.1だろう。自分が死んだら困る人がいるなら、生命保険は絶対必要だ。一番は子ども、そして生活力がない配偶者や親などの扶養家族だ。でも「死んだ後、お金の苦労はさせたくない」とばかりに5000万円から1億円という高額の保険にやみくもに入るのは考え物だ。保険はあくまで“困らない”ためのもので、家計負担に耐えられる保険料でなくてはならない。
 それにサラリーマンなら厚生年金から遺族厚生年金、自営業なら国民年金から遺族基礎年金がでるし、ローンで買ったマイホームの場合は団体信用生命保険でローンが完済されるので、家の心配はなくなる。また、配偶者が共稼ぎ、親も年金があるというなら、それらもろもろ勘案して、それでも足りないお金を生命保険で補おう。

 ②の葬式代、火葬のみなら50万円、家族葬なら70~100万円、通常の葬式でも200万円程度の出費なので「そのくらいの預金ならある。」とか「葬式なんか不要。」と言う人なら生命保険なんか必要ない。

 ③の相続がらみ。生命保険は民法では相続財産ではないので遺産に含まれず、相続税法上では“みなし相続”として課税される。ただし、法定相続人×500万円が非課税(増税のため見直しされる可能で大)となるので、この特典を生かそうと生命保険で相続させるケースも多い。また土地など分けにくい資産ばかりで、もめそうな特殊ケースの解決策として用いられることもある。

 以上、やはり生命保険の第一義は“死んだら困る人”のためのものだと思う。特に子どもは絶対的扶養者であり、死んだ後も保護すべき対象である。ただし、必要額は子どもの成長で変わっていく。しばしば子どもの教育費に関する調査報告が新聞に載る。幼稚園から大学まで公立なら1000万円、私立なら2000万円。自宅外なら+仕送りと言われる。子どもが0歳なら全額考えなくてはいけないが、高校生や大学生なら残りの支出のみを考えればいい。

 と言うわけで、生命保険は、

①遺族年金など他の社会保障の足りない金額を

②子どもの成長に合わせ、必要な時に必要なだけ

③シンプルでわかりやすい商品を

④掛け捨てで

⑤出来るだけ安い保険料のものをさがす

のがいいと思う。

 次回はこのコラムのきっかけとなった「『一時払い終身保険』相談急増」を分析してみる。

   ※前の記事は左の「相談員のコラム」で読めます。