イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

Amazon販売サイト

Amazonでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

YAHOO! ショッピング シグネット制作部

YAHOO! ショッピングでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home 相談員のコラム 相談員コラム…中高年ダイエット⑥

PostHeaderIcon 相談員コラム…中高年ダイエット⑥

 今回は最終回で、ダイエットの後日談である。2年(筋トレ始めてから3年)かけて、体重は増えたり減ったりしながらとうとう12㎏減量し、51kgの標準体重になった。いったんリズムをつかむと体重を計ったり、グラフつけたりするのがおもしろくなる。その間、あまりひもじいとか、苦しいとかは思わなかった。中高年というのは代謝が低くなるせいか、食べる量も少量で満足できる。良く“胃が小さくなった”というけど、実感としては“胃が鈍くなった”感じだ。若い頃なら、お昼が“おかゆ”だと夕方にはおなかがすいてしょうがなかったが、今なら別に平気だ。ひとまず目標はクリアしたので、めでたく作戦AもBもCも解除である。

 ダイエット体験談としては、体重が減らなかったらタダの失敗で誰も聞いてくれないし、成功談は当然バラ色になるバズだ。しかし、そう一筋縄に行かないのが中高年のダイエット。確かに体重が減って体が軽くなった。見た目もすっきりしたし、「いつか着られるだろう」と取っていた“少しきつめの洋服”が楽々着られるようになった。久しぶりに会う友人知人には「痩せたね!」「どうしたら痩せられた?」と聞かれちょっと得意になった。でも達成感はあるけど、何故かめでたしめでたしとはならない。減量したのに血圧は変わらず、結局降圧剤を飲むことになった。保育園に勤め始めたせいもあるが、風邪を引きやすくなり、体調もやっぱり波がある。そしてとうとう“このダイエットは正しかったのか”という根源的問題にぶつかった。

 確かに健康診断でお医者さんに指摘されるような肥満は絶対に良くない。でも、中高年になると単にやせれば良いと思えない事も出てくる。とくに私の場合2年かけて徐々に痩せたのに頬がこけ、やつれた感が漂った。目尻もあごも二の腕の下やふくらはぎなど体全体がやせた分垂れ下がる。また貧血に気をつけていてもダイエット中は顔色もすぐれない。“やせた”が“やつれた”という残念な結果になってしまった。まわりには「やせて若くなったね」といわれる反面「長野は重病になったのでは」と陰で心配されてしまった。(あとで親しい友達が教えてくれた。)

 私は化粧品会社に8年も勤めながら、メイクをしたこともないくらい美容に執着はない。老いることに抵抗する“アンチエイジング”には興味もなく、シワもぜんぜんウエルカムだ。理想は沖縄の紫外線をいっぱい浴びてシワだらけで豪快に笑う“おばあ”たちなのである。だから、痩せて青白くしなびた自分はやっぱり自分じゃないような気がする。本当に中高年ダイエットはむずかしい。

 そこで、考えて少し軌道修正した。めざすは頬がこけない程度の「小太り」だ。私の体重で54~55Kg、BMIで23.1~23.5(標準内)ぐらい。これならお医者さんにも怒られまい。医学的にも中高年になったら「やや太めの方が長生き」というデータも出ているし、ぽっちゃりしたおばちゃんは老若男女どんな相手にも敵愾心を抱かせないようで、とくに小さな子供の受けが良い。私は誰より小さい子にもてたいのだ。

 また、顔はちょっとふっくらしてると風船と同じで、ほうれい線が目立たないので老けた感じがしない。何よりいざという時の備蓄になる。実際、まわりであったことだが、大病や大手術をすると5キロから10キロ体重が減る。そうした極限状態では体重=体力となる。55Kgで10Kg減っても45Kgだが、45Kgの人が10Kgも減ったら35Kg、これで回復はかなりきつい。人間、病気だけでなく、事故や天災いろいろあるので、自分自身の身につけた備蓄もある程度必要だろうと考えた。健康的な“小太り”、何のことはない昔にもどった感じだ。

 家計管理もダイエットも目標は大金持ちやモデル体型になることではない。お金の心配をしない家計、自分が一番しっくりくる体型になる。そうした身の丈の自分に自力でコントロールできるかどうかが問題なのだ。私の長いダイエット経験もそれが解ったので気が済んだ。

 以来、食べることに縛りはないが、ダイエット中の食べ方が習い性になったのか、いまでも「まずくてカロリーの高い物」を憎み、美味しくてローカロリー高タンパク+鉄分を心がけている。あんなに毎日乗っていた体重計にも乗らなくなり、廊下の隅でホコリをかぶっている。年に一回の健康診断前の2ヶ月前に体重を計り、微調整はするが、基本54~55Kgだ。時々の筋トレと年に一回の体重チェックしかしていないが、保育園の体力勝負の仕事をしているかぎり維持できるだろう。保育園の仕事を辞めたら、きっと太るだろうが、そのときはまたダイエットしよう。

と言うわけで小太りの長野をよろしく!

※前の記事は左の「相談員のコラム」で読めます。