イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

Amazon販売サイト

Amazonでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

YAHOO! ショッピング シグネット制作部

YAHOO! ショッピングでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home 相談員のコラム 相談員コラム…クリのご報告と最近のFP相談

PostHeaderIcon 相談員コラム…クリのご報告と最近のFP相談


 暑い暑いと言っているうちにヒグラシが鳴くようになり、夏の終わりも見えてきた。

 まず、ご心配をかけている社員猫クリの病状をご報告しよう。6月に、元気だけど何故か咳が続くので念のため病院に連れて行く。聴診器をあてた獣医さんが「レントゲン撮らせて」といい、見れば胸に大きな影が2つ(3㎝と1.5㎝)。「リンパ腫かもしれないので、生検したい」と言ったが、デブすぎて(脂肪が厚く)針が届きそうにないので断念。リンパ腫なら数ヶ月の命と言われて目の前が真っ暗になる。結局、抗生剤とステロイドの薬をもらい、大学の先生を紹介してもらう。

 藁にもすがる思いで大学の先生に見てもらう。胸のしこりを生検して、全身のCTを撮る。結果「採取した細胞はすべて壊死しているので、何かはわからない。ただ、リンパ腫ではないようだ。腫瘍も全身に広がっていないので、もう少し様子をみて良性なようなら手術しては」と勧められる。その後、ステロイドを2日おきに服用して、ひと月後にかかりつけの獣医さんのところでレントゲンを撮るが大きさに変化なし。咳も止まり食欲もあるし、開胸手術は高齢猫に負担がかかると言われ、悩んだが、つれあいと相談し手術しないことにした。

 動物を飼う以上、覚悟してきたことだが、いざ直面するとかなりうろたえた。それに治療費もCTだけで123,000円とビックリするほど高く、もうこの2ヶ月で20万円を越している。ウチは2匹とも高齢すぎて入れないがこうなるとペット保険が必要だなあと思う。今はステロイドを2日おきに服用し続け、胸のでき物がこれ以上悪さをしないことを祈るのみだ。本人は別に苦しそうでもなく、毎年のごとく、真夏は階段上でだれていて、スキあらば「ごはん、ごはん」とうるさい。ただ、このゴタゴタで増える一方だった体重が400g減ったというちょっと良いこともあった(まだ8㎏もあるけどね)。一応小康状態、また、ご報告させてもらいます。

 さて、この頃のFP相談について。FPと直接関係のないことばかり書いているが、しっかり相談業務やっています。個別のことは守秘義務があるのでいちいち書けないけど、最近の相談のやり方ちょっと面白いことになっている。

 私は経費節約のため事務所を外に構えないで、自宅で仕事をしている。もともとライターでプログラマーのつれあいが自宅で仕事をしていて、事務機はそろっているのでそこに混ぜてもらった。ほとんどメール相談なので問題ないのだが、たまに直接面談の相談が入る。さすがに大学生の息子や猫たちがゴロゴロしているところで面談はできないので、ご自宅に伺うことが多かった。

 そんな中、面談希望された相談者さんがご近所のカラオケボックスを指定してきたのである。FP相談というのは預金残高など財産状況や家計までかなりディープなお金の話をするので、自宅までは明らかにしたくないという気持ちになったようだ。もちろん、FPと相談者は信頼関係が必要だが、FP協会の検索から私にたどり着いた相談者からすれば、見ず知らずの人間、いきなり信用してくれと言われても困るだろう。世の中悪い人も多いから、お金に関してはそのくらい慎重な方がいい。だから、この申し出を受けて、相談者とカラオケボックスで待ち合わせして面談した。カラオケボックスの良いところは、なんと言っても完璧な防音、2つ目は場所が駅近くでわかりやすい事、そして昼のカラオケはドリンク付きで安い。(場所代2時間300円+飲み物400円。割り勘)

 何度も言っているとおり、私は相談者の個人情報を保険や金融商品の販売に使うつもりがないので、住所を明らかにしてもらう必要もないし、匿名でも仮名でも全然構わない。そんなことより、情報を開示しないで相談したいと言われるほうが困る。

 面談の場合の大体の流れは、事前にメールで「相談シート」に記入してもらい、何度かやりとりしてキャッシュフロー表を作成してから面談に臨む。こうした事前準備がないと、12時間なんて話きいただけで終わってしまう。せっかく相談されたのだから、何らかの解決策もしくはその端緒を導き出したいと思っている。費用はキャッシュフロー表作成と面談で大体2万円ぐらいだ。お金のかかることなので、相談して良かったと思える面談をめざしている。

 もちろん介護や子育てで自宅が良いという場合は伺うが、カラオケボックスの使い勝手があまりにも良かったので以来、面談はウチの近くの二子玉川の駅近くのカラオケボックスで行うことが多い。さすがに終わったあと、ビールで一曲ということはないが、人に聞かれない安心感で落ち着いた相談ができると相談者さんにも好評だ。終わってから外に出て、来た時より少しだけ明るくなって「二子玉川ってあまり来たことないから、少しブラブラして帰ります。」と笑顔で分かれるときが嬉しい。 

※前の記事は左の「相談員のコラム」で読めます。