イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

Amazon販売サイト

Amazonでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

YAHOO! ショッピング シグネット制作部

YAHOO! ショッピングでボードゲーム“ソリティア”を販売しています。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home 相談員のコラム 相談員コラム…学資保険のメリット、デメリット

PostHeaderIcon 相談員コラム…学資保険のメリット、デメリット

 こども手当が支給され、俄然注目されているのが学資保険だ。この際、始めようかなと思っている人も多いと思うので、取り上げてみたい。学資保険に限らず保険と名の付く商品はイメージや雰囲気で売るものが多く、自動車やパソコンならスペックを比較してメリットデメリットを検討して選ぶのに、なぜか中身をよく知らないで買ってしまう。かく言う私もFPで保険を勉強するまでは、適当に選んでいたので偉そうなことは言えないが、学資保険は何百万円もする商品なのでメリットデメリットを十分吟味して欲しい。  

  まず「学資保険」や「こども保険」とは、親が子どもの教育費を計画的に貯めることを目的としたものだ。高校や大学入学時に合わせて、子どもが15歳、18歳などになると満期金を受け取れる。一番の特徴は、もし契約者である親が万が一亡くなっても、その後の保険料支払いが無くなり、保険金が満額支払われることだ。また、子供の死亡や入院などの保障の付く商品もある。つまり、まとめると以下の要素で、①と②③を基本に④⑤を組み合わせた多くの商品が「学資」「こども」「教育」などの名前で存在する。

 ①教育費を計画的に積立貯金する

 ②契約者が死亡したときの教育費の確保

 ③契約者に万が一のことがあった場合の保険料免除

 ④子供に万が一の事があった時の死亡保障

 ⑤子供が入院したときの医療費

 一見すると教育資金もためられ、親が万が一の場合にも教育をあきらめなくてよいという素晴らしい商品だ。でもよく見ると、長期の積み立て貯金に親の生命保険と子供の生命保険・医療保険を上乗せしただけの商品と言える。当然、この低金利の時代にこれだけの保障が付けば、払った金額よりもらう金額が少ない元本割れは免れない。だいたい親は生命保険には何かしら加入しているので、2重に入ることになる。そして一番のデメリットは途中解約の返金率がすごく低いことだ。3年や5年だったら我慢できても、15年、18年の長期ともなると家計が厳しいときもあるかも知れず、いざ解約するとあまりの金額の低さにびっくりするだろう。金利上昇のとき乗り換えも出来ないのもいたい。つまり、学資保険は貯蓄と保障を兼ね備えているが、それぞれが他の同種商品に比べ魅力なく、結局、中途半端な商品と言える。

 ということで割り切って、子供の教育資金として積立貯金(金利0.5%~1%の複利)、親の生命保険は職場の団体保険(年齢にもよるが1000万円の保障で月額1000円程度の掛け捨て保険)、子供の保障はこども共済(月額1000円~2000円で幅広い保障)とそれぞれ一番いいと思われる保険に加入するのが、すっきりとして合理的でお勧めだ。

 ただ学資保険にはいいところが1つある。それは親が手を出しにくいという点だ。自営業などでありがちだが、どうしても資金繰りに詰まって貯金を崩すことになった場合、学資保険は一番、最後になる可能性が大だ。解約時の返金率がよくないのと、何より「子供のためのお金にまで手を付ける」という親の心理的歯止めがそうさせるのだ。これは教育資金をきちんと別に確保する上で結構大事なことなのかもしれない。だから、どうしても学資保険や子供の保障がいいという方は、せめて元本が保障されるアフラック「「夢みるこどもの学資保険」や「ソニーの学資保険」(戻り率最高で111%ほど)に「こども共済」を付けるのがいいと思う。

 最後に学資保険に関する注意点として満期金の支払われる期日がある。進学に合わせた保険なのだが、うっかりすると期日が入学金等の納入期日後になることがある。最近の大学入試は推薦やAO試験など前倒しになる傾向があり、納入金も早めに用意した方がいい。立替資金があれば問題ないが、もし知らないでもあわてないように、保険から借り入れが出来るかも確認しておこう。