イラスト:鈴木ハルナ


オンリーワン同好会

相談員長野が運営委員として参加するオンリーワン同好会(ボードゲーム、ソリティア)です。 よかったらのぞいてください。

老後の住まい

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。

中高年のダイエット

画像をクリックするとアマゾンの紹介ページへ飛びます。


Home お金を学ぶこころがまえ

PostHeaderIcon お金を学ぶこころがまえ


2008年秋以降の経済危機では、遠いアメリカのサブプライムというほんの一部のつまずきが
あれよあれよと押し寄せ、私たち個人の生活に多大な影響をおよぼしています。
何となく経済のこと知らないと、ひどい目にあいそうだと思うのですが、お金の情報はあふれ
専門家だって互いに反対のこと言うし、どうなっているのか誰を信用したらいいのかよくわかりません。
それに、日本ではお金の事柄(税制や年金、健康保険、介護保険、各種補助金など)はほとんど
申請主義なので、どんなに良い制度があっても、知って申請しないとその恩恵にはあずかれません。

でも難しい経済の話はわからなくても、私たちは日々お金を稼いで、使ったり、貯めたりします。
これはもうすでにりっぱな経済活動。家計管理のコツさえつかめれば、お金に振り回されずにすみます。
それに、毎年変わる複雑な制度を覚える必要はまったくありません。必要なときに必要な情報の
入手方法がわかれば、情報に振り回されたり、過度な不安に陥ることはありません。

経済のポイントは収支。個人の小さなお金から会社の経営、国家予算に至るまで、
結局収支が合わないお金はいつか破綻するしかありません。
収支というのは稼ぐお金と使うお金のバランスのこと。赤字続きではもたないし、
大もうけ(バブル)はかならずどこかにシワ寄せがきます。
収支のバランスはトントンが最良なのです。それが社会の安定と生活の安心の基礎になると考えます。

では個人はどんな点を気をつけたらいいのでしょう。
まずは自分のお財布の中身を知りましょう。いくら入っていくら使ったか、それを知らないと
浪費と倹約のどちらかに極端に走りがちです。お金の不安は生活から楽しさを奪います。
浪費は生活破綻の一里塚。それに物欲はあまり人を幸せにしません。
逆に将来への不安から生活を切り詰めて楽しみを我慢し、貯金に励む。
一見正しいように見えますが、いざという時や楽しみにお金を使えません。
それにいくら貯めても不安は消えません。
収入から支出と将来への貯蓄を引いたお金、それが自由に使っていいお金です。
いま自由に使えるお金がわかれば、心おきなく楽しみのためにそのお金が使えます。



お金の不安を解消するポイント
●お財布の中身を知る
●お金はシンプルに管理する
●収支はトントンに
●楽しみを後回しにしない
●キャッシュフロー表をつくり、将来にそなえる
●必要な情報はどこにいけば手に入るかを知る